メニュー
診療時間 日・祝
09:00 - 12:00
15:00 - 19:00
※電話でのお問合せは診療時間内にお願いいたします。
電話 LINE
LINE

Blog記事一覧

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

筋肉(筋・筋膜)を緩めると不調が起きる・・・?

2024.01.06 | Category: 筋肉(筋・筋膜)を緩めると不調が起きる・・・?

筋肉(筋・筋膜)をゆるめると不調が起きるのでしょうか・・・?について考えてみます

首こり・肩こり・腰痛は現代人の永遠のテーマです

「筋肉・筋膜がコリ固まっているので解して緩めないとな〜」と普通に思ってしまいます一般的に整骨院・治療院・整体院や整形外科で「筋肉が硬くなると痛みが出てきます」と言われた人、言ってる人は多いです

関節の不調が発生している人は、ほぼ硬くなっている筋肉が存在しますので、それが通説になっています

以前は私も「筋肉が硬いから痛みが出る」「筋肉をゆるめれば不調が改善する」と思っていました

臨床を重ねるうちに気付いたのですが、『筋肉は各パートで支えようとして硬くなる』ことがよくあります

関節周辺の複数の筋肉が本来支えるべきところを『一部の筋肉だけ』で支えてしまっている状況で、関節の不調が発生していることがあります

このような状況では関節もズレてきますので、靭帯や腱も緊張しています

更に、硬くなっている筋肉を無理にゆるめようとすると返って症状が悪化するケースも多くあります(高齢者に顕著)

なぜ、筋肉が硬くなることで関節を支える役割があると分かったのか?

筋肉をゆるめる上で即効性があるのが筋弛緩剤ですが、これを医師に処方された患者さんの多くが不調を訴える場面に何度も遭遇しているからです

私は柔道整復師ですが以前に病院勤務だった頃、医師からのリハビリの指示で患者さんへリハを行っていました

患者さんがリハビリを処方されるまでの経過をカルテや問診で必ず確認してきました

医師も肩こりや腰痛、頭痛、関節痛を緩和させるために筋弛緩剤を処方するのですが、明らかに処方されてからの症状悪化を何度も目撃してきました

これは!!と思ったのは、患者さんが腰部の後縦靱帯骨化症(腰の脊髄が圧迫される)で手術をした際のことです

手術は腰椎を固定するために大きく腰部を切る必要がありました

手術は成功したはずなのにその患者さんは術後、足がが上がらなくなりました

手術は全身麻酔を行いますので筋肉は弛緩した状態になります

腰部後縦靱帯骨化症(脊柱管狭窄症とまとめられるケースがある)の患者さんは腰部が異常に硬くなりますが、麻酔でユルユルになった状態で腰椎を固定するために硬くなっていたその腰部の筋肉の中心を切り開くのです

なぜ足が上がらなくなったのかは本当の原因は誰にもわかりませんが、私が推察するに腰髄から神経がでてくる椎間孔(腰椎間の隙間)は後縦靱帯骨化症で狭くなっていて、それを支えようと腰背部筋で頑張って硬くなっていた筋肉が麻酔で強制的にゆるめられ、メスによって切り開かれたことで腰椎を支えるシステムが破綻したことが原因だったのではないかと考えています

椎間孔から出て下肢の筋肉を支配する神経(腰髄から末梢神経に移行)が傷つきやすくなるのは簡単に想像ができます

「ゆるめるよりも、前後、上下のバランスを取り合える筋肉に調整し、更に筋力を付けるべき」「その中間にある関節を整え中立にすべき」との結論に至り、現在の施術と運動療法の理論的土台となっています

実際に、セレン整骨院で行っている関節のアジャストと筋・筋膜の調整、エクササイズは『施術した後で緩んでいる筈が、可動域が中立的に改善したり、パワーバランスが良くなったりする』という現象を施術後に多くの方々のお身体で確認できています

「怠けている本来働くべき筋・筋膜」と「怠けてしまっている筋・筋膜の分まで頑張っている筋・筋膜」が相互に調整されバランスしながら機能し合うと、周囲の一方だけ固くなっている筋・筋膜は自然とゆるむという事なのです

自分の身体のシステムをこのような理解で捉えていくと、自然に起こる体内の全ての感覚や症状には意味があり、その反応を安易に強引な手段で消してしまう事の危うさを感じてしまいます
               

年末年始の休診日のお知らせ

2023.12.18 | Category: お知らせ

年末年始の休診日のお知らせ

12/30(土)~1/4(木)

※1/5(金)より通常診療となります
ご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願い致します

あらゆる不調は首で治る

2023.10.06 | Category: あらゆる不調は首で治る

冷え症・生理不順・肌トラブル・イライラ・疲労感・不安感・意欲低下・のぼせ・便秘・気分の落ち込み・頭痛・新型うつ(自律神経性)・めまい・自律神経失調症・パニック障害・更年期障害・慢性疲労症候群・ドライアイ・血圧不安定症・不眠症・多汗症・・・・・

首に負担をかけ続けると様々な不調が現れます。

ストレートネックも要注意です。

健康な首の持ち主はたった10%と言われていますが、現代社会はPCやスマホ、家事をするにも下を向く局面が多い環境。

その首は脳と体幹を繋ぐ重要な架け橋ですが、日常生活で大変大きなストレスを常に受けています。

首に集中する自律神経は毎日受け続ける大きな負担を逃がしきれなくなると、上記のような様々な症状が体に現れます。

頭はスイカ1個分(5~7㎏)の重さがあり、この重量のあるパーツが前下に傾くことで首の後ろにその3倍の負荷がかかってくると言われており、その状態が長時間にわたり続くと寿命も縮めてしまうほどの深刻な事態に発展することを脳神経外科の松井ドクターも発信しています。

筋・筋膜や血管系、頚椎(首の骨)、頚髄神経(副交感神経センサー含む)など、重要なシステムが首に集中している構造です。

首にかかる負担を軽減する工夫と毎日のケアを意識してお手入れしていく習慣は、現代人の私たちには必要不可欠な要素です。

大切な首を意識して健康な生活を送っていきましょう。

健康にとって重要な首の骨の配列

2023.08.16 | Category: 健康にとって重要な首の配列

当院の施術を受けにお越しになる上で、ご自身の体の構造を知っていただくシリーズです。 体の中枢神経(脳神経と脊髄神経)が収まる頭蓋骨と頚椎(首の骨)の中に何が存在するか?をテーマにお伝えします。

⭕️脳神経が尻尾を伸ばすように脊髄神経に変わり背骨の中を通過して骨盤周辺に落ちています。

⭕️背骨の各ピース(椎骨)の隙間から神経が内臓や筋肉に伸びて繋がっています。

各臓器や筋肉、他器官のパーツはその神経から伝わる電気エネルギーを受けて活動しています。

⭕️もう一つ見逃せない箇所が首の骨(頚椎)の両サイドの環状の中に血管(椎骨動脈・赤色)が心臓から伸びて脳に到達し、栄養、酸素、熱などを供給しています。 ※赤色血管→動脈 ※青色血管→静脈

首の骨(頚椎)上部には脳幹の一部、延髄が垂れてきています。 ※中心の黄色(ベージュ)が神経(延髄)

🔵この構造から分かるように背骨、特に頚椎上部(首の骨の上部)には自律神経の調整機能を司る延髄があり、その頚椎内左右に椎骨動脈(脳への栄養血管)が通過しています。

★この部分の頚椎(首の骨・椎骨)を一つずつ正確にロッキングを解除していくことで、首の骨の中にある神経と血管の圧迫を開放することができます。

すなわち、血管の解放は循環を促し、神経の解放は神経伝達を促します。

全身の何処が不調でも、先ずこの中枢部位をアジャスト(矯正)し開放していくことで生理機能の回復を見ることができます。

この方法は他のどの方法より即効性があり、カラダの内側の変化を即座に体感できます。

アメリカでは医師のライセンスを取得したものが処方しているテクニックですが、横浜白楽セレン整骨院では柔道整復師(国家資格)を取得の院長が本場アメリカのテクニックをそのままにお届けいたします。

白楽・妙蓮寺・東白楽周辺のエリアでは当院だけがこのテクニックを用いて治療を行っており、整体、ストレッチ、マッサージのような手技の延長で調整していくものとは一線を画しています。

歪み、片頭痛、首こり、肩こり、腰痛、疲労、不定愁訴など、様々なカラダの症状がこの脊柱のズレから起こることが分かっています。

★お悩みの方は、横浜白楽セレン整骨院ホームページ内からLINE登録いただき、そこからご希望の日時をメッセージ送信いただけますとご予約可能日時を返信いたします。

お電話でのご予約・お問い合わせは、平日の診療時間内にご連絡いただけますと対応させていただきます。

#セレン整骨院#白楽#妙蓮寺#六角橋#東白楽#東横線#整骨院#接骨院#鍼灸院#整体院#整形外科#治療院#カイロプラクティック#オステオパシー#首こり#肩こり#寝違え#片頭痛#ぎっくり腰#腰痛#脊柱管狭窄症#坐骨神経痛#腰椎すべり症#脊柱側弯#骨格矯正#骨盤矯正#歪み矯正#姿勢矯正#猫背矯正#o脚矯正#歪み#むくみ#美容整体#交通事故治療#むち打ち#腰部捻挫#自賠責保険#保険治療#労災保険#傷害保険#どこに行っても治らない方はご相談ください

夏の冷え症

2023.08.02 | Category: 夏の冷え症

 本格的に夏が到来し、暑さでカラダが解けそうな気温が続いていますが皆さまいかがお過ごしですか。 一日中エアコンのスイッチが消せない状況で、冷たいものも摂取する機会が増えますので、カラダの外側からも内側からも冷やす行為が多くなります。 この時期特有の女性に多い夏の冷え症、当院にもこの季節にご相談が多くなっています。 屋外は熱く、屋内は冷え冷えで温度差で体内のセンサーが狂い、自律神経に乱れが生じます。結果として、ホルモンバランスや体温調整、食欲中枢の乱れ、血中の水分量低下、めまい、片頭痛、全身消耗性疲労など、体内の生理機能をコントロールするセンサーは感度が低下しますので体調を崩して不定愁訴で悩む方も多いです。 このような時は体内に熱が蓄積したり、カラダの電位も落ちてきますので、(1)よく食べて(2)よく寝て(3)よく運動する、そして(4)ケアを行う・・・ことで自然に体調を戻していくことができます。 

(1)夏の季節野菜やタンパク質、水と電解質(スポーツドリンクなど)、炭水化物(エネルギー源)ををバランスよく摂取

(2)早寝早起き(決まった時間に寝て起きる事)は、体内時計の乱れを防ぎ神経系の調整機能を正常化します。

(3)運動は私達が動物である以上は必要で、体内が代謝循環して吸収と排泄を繰り返して生命を維持していますから当然ですね。筋骨格系(内臓も筋肉)と神経系が刺激されていないと体の内側の機能は極端に低下します。運動器はエンジンなんです。

(4)ケア(治療&癒し)は、運動や労働をしたら体内の細胞レベルで破壊と再生が起きます。また、歪んできます。この再生力を促す意味で体の歪を調整し、神経を沈め、呼吸や血圧、脈、熱など、体内の周波数や温度を正常化していける副作用のない行為がケア(人が人を癒すこと)のメリットです。

このような人工的に冷えた状態が続くと自然なカラダの機能的リズムを乱しますので、良いところを悪くし、悪いところを更に悪くしてしまうことになります。

横浜白楽セレン整骨院では、(4)のケアに関して様々なご提案と治療法をご提示して処方していくことができます。 夏の冷え性対策を含め、体調不良・健康増進のことなら何でもご相談ください。

 #セレン整骨院#横浜#白楽#妙蓮寺#東白楽#交通事故治療#自賠責保険#労災治療#労災保険#保険治療#自賠責治療#自費治療#整骨院#接骨院#整体院#肩こり#首こり#腰痛#寝違え#ギックリ腰#五十肩#四十肩#歪み#猫背#骨盤矯正#骨格矯正#猫背矯正#姿勢矯正#膝痛#ヘルニア#坐骨神経痛#脊柱管狭窄症#変形性関節症#疲労#浮腫み#冷え症#片頭痛#偏頭痛#リハビリ#往診

睡眠の質とカラダの状態

2023.06.19 | Category: 睡眠の質とカラダの状態

最近、「睡眠の質を高める」というキーワードをよく耳にするようになりました。

私たちは、現代のストレス社会の中で様々なストレスを受けて活動していますが、毎日の睡眠で脳とカラダを休めリカバリーを繰り返しています。

その中で脳は、睡眠時も活動は停止していません。浅い眠りのレム睡眠(記憶の整理・定着を行っている)と深い眠りのノンレム睡眠(大脳が休息し脳や体の疲労回復を行っている)を交互に行い活動し続けています。

例えば内臓なども、心臓が動き体液を循環させ、消化器も吸収・排泄機能を働かせ、肺は酸素と二酸化炭素を交換し・・・

運動器(筋肉・神経・骨など)も同じ体勢が辛くなると、脳からの命令で体位変換するために寝返りを打ったり・・・

結局、カラダの内側は生命を維持するために死の瞬間まで活動を止めることがありません。

そのため、私たちは如何にこの「ノンレム睡眠の質と時間(周波数の周期)」を上質なものにしていくか!?を追求していかなくてはなりません。

Yakultの乳酸菌効果・・・西川の高級寝具・・・流行りの睡眠サプリ・・・いろいろな選択肢がありますが、「最も大切なカラダそのものにフォーカスして考える」必要があります。

「脳を含む肉体が過緊張している状態」で、良質な乳酸菌を摂取しても効率よく吸収できませんし、高級寝具に身を預けても効率の良い眠りの周期にたどり着けません。

つまるところ、それらの効果をフルで受け取るには、「その主役であるカラダの状態が良いか悪いか」によります。

眠りを追求する前に、、、

・脳や肉体の疲労がリセットされているか?

・呼吸の呼気(吐く)と吸気(吸う)のバランスは?

・身体が歪んでないか?

・運動不足でないか?

・過度なトレーニング(運動)を行っていないか?

・対人関係のストレスは?

・暴飲暴食はどうか?

・喫煙は?

いろいろな要因からストレスを受けて頑張ってくれているカラダですから、それらを取り囲む環境を一度、棚卸してみる事が必要です。

当院では上記の「脳や肉体と歪みに関係する骨格系、筋・筋膜系、神経系の調整」を行うことができます。

その調整を通して「カラダの構造が整うと正常な機能が回復」していきます。

「睡眠の質を高める」には、体の内側の状態が大きく関与しますので、精密機械以上に精密なカラダのケア(調整)は非常に重要です。

もう少し踏み込んだ関連性のある理屈は、長くなりますので施術の際にご説明いたしますので、何なりとご質問くださいませ。

交通事故のケガ(むち打ちなど)を負った場合は当院で治療できます

2023.05.18 | Category: 交通事故治療


交通事故でケガをした場合、自賠責保険や任意保険を利用して当院で治療が受けられます。

むち打ち症や腰部捻挫、打撲など、交通事故の際は、強い外力がカラダに加わり損傷しますので、ご本人が自覚しているよりも実際のダメージは強く、治療も長引くケースが少なくありません。

その様な状況で、整形外科や病院でレントゲンやMRIなどの画像診断を行ったあとに治療が開始されますが、シップや痛み止めの処方で積極的な治療が受けられず、症状の改善が見られないまま時間が経過している方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

交通事故の治療は、病院と併用して当院で自賠責保険や任意保険を利用して治療が出来ます。

患者さまの窓口負担はありませんので、シッカリ治しきるまでご通院いただけます。

また、保険会社や相手方との話し合いがスムーズに進まない場合も、当院の提携している弁護士法人のバックアップが受けられますのでお気軽にご相談ください。

※弁護士特約に加入の方は、更に込み入った案件を自己費用の負担なく弁護士に解決してもらうことが可能になりますので安心です

カラダのステージは自分次第

2023.04.07 | Category: カラダのステージは自分次第

1,カラダが悪くならないようにケアしている人

2,カラダが悪くなりそうな兆しを感じてケアする人

3,カラダを悪くして治療する人

4,カラダを悪くしすぎて治らない人

 

いつでも自分のカラダが最優先

カラダの構造とサイクルに逆らわない・・・

2022.10.07 | Category: 体の構造



人は個々の性格や性別は違いますが、カラダの作りはほぼ変わりません。

そのカラダの構造とサイクルに逆らうと、私たちは病気になったりケガをしたりします。

皆、共通して健康でいたいのだけど、なぜか健康な人と不健康な人がいて、痛みを寄せ付けないカラダの持ち主と様々な痛みとお付き合いしているカラダの持ち主がいます。

その違いは何でしょうか?

・カラダの使い方が上手にできているか?

・栄養が取れているか?

・余分なものを排出できているか?

・睡眠が取れているか?

・適度に運動をしているか?

・カラダのケアを定期的に行っているか?

・カラダのことを一番に考えているか?

健康で過ごすにはこれが出来ているか否かでカラダの内側は大きく変わります。

カラダが左右対称でない、、、カラダがイビツである、、、カラダが捻じれている、、、カラダが縮んできている、、、

長い時間をかけてカラダはこのように変化してきます。

・カラダが壊れないよう予防ケアをしている人

・カラダが壊れそうな兆しを感じてケアする人

・カラダを壊して治療する人

・カラダが大きく壊れて治らない人

大きく破壊されてしまったカラダは、元のカラダに戻らなくなります。

どのような時も自分のカラダが最優先!!

「予防は治療に勝る」・・・人生100年時代をどのように設計して過ごしていくか? 自分で決めていくことができます。

当院にご相談に来られる方で「カラダが治らない人」も諦めなければ、決して私たちも諦めません。。。

横浜白楽セレン整骨院は、そんな場所を目指しています。。。