24時間受付LINE相談 24時間受付メール相談
LINE TEL

スポーツ外傷とスポーツ障害・リハビリテーション | 港北区・神奈川区・白楽駅・妙蓮寺 横浜セレン整骨院

お問い合わせはこちら
港北区・神奈川区・白楽駅・妙蓮寺 横浜セレン整骨院
港北区・神奈川区・白楽駅・妙蓮寺 横浜セレン整骨院

スポーツ外傷とスポーツ障害・リハビリテーション

多数の喜びの声をいただいております!

スポーツ外傷とスポーツ障害の違いは

スポーツ障害とは

この外傷・障害は、運動に起因する身体の損傷・故障を指します。

身体に明らかな外力や負担がかかり、骨折、脱臼、捻挫、打撲といった「外傷」を負います。一方で、筋・筋膜の炎症、怪我の後遺症などは過度の負担の積み重なりが影響し、慢性的な症状に移行しやすいものを「障害」といいます。下記では「外傷」と「障害」を分類してみました。

★外傷(直達外力・介達外力)
骨折、脱臼、捻挫、打撲、肉離れ、腱断裂等、明らかな外力が加わることにより生じるものを指します。
★反復性障害
特定の部位に繰り返し負担がかかり組織を損傷するもので慢性的に症状が続きます。野球肩、テニス肘、ゴルフエルボー、ランナー膝、ジャンパー膝、シンスプリントなどが代表的です。

オーバーユース・オーバーロードは障害です。

スポーツ外傷・スポーツ障害は損傷の範囲と深度を見極めて処置・治療が必要

スポーツで損傷した際、早期から治療を開始することは大切ですが、発生機序を把握し「どのような外力が、どの範囲で、どこまで到達したか?」を見極め治療を行うことが基本です。

スポーツ外傷は、「強い外力が加わり骨折、脱臼、捻挫、打撲などを負ってしまうケガ」ですが、スポーツ障害は、「日々の練習で繰り返し同じ部位を酷使し、ダメージの蓄積によって受けるケガ」を指します。

スポーツのシーンで、衝突、接触、転倒、横転、尻もちなどの直達外力や介達外力での負傷と、野球のピッチャーが繰り返しの投球動作によって肩や肘を傷める、サッカーで頻繁に行うキック動作によって足首や膝を傷める、バスケットやバレーボールでジャンプ動作によって膝を傷めるなど、そのスポーツの動作特性によって様々なスポーツ外傷・スポーツ障害のパターンがあります。

横浜市神奈川区白楽の横浜セレン整骨院では、いろいろなスポーツで起きる外傷や障害を、その競技で求められる様々なフォームや動作を考慮し、構造と機能に沿って処置・治療をおこないます。

毎日の部活動で練習を積んでいる学生さん、休日に健康のためにスポーツをしている社会人の方、主婦や年配の方で定期的に運動をしている方も、日々の動きの中で身体に違和感を覚えたり、損傷してしまうことは少なくないと思います。

少しの違和感や痛みを見過ごすことなく、症状の変化に気付いたら早目の診察をおすすめいたします。

横浜市神奈川区白楽の横浜セレン整骨院では、リハビリテーションや障害予防のエクササイズやセルフケアのアドバイスも行っております。

スポーツ外傷・スポーツ障害の好発部位と種類

 むち打ち症、頚椎症、頚椎ヘルニア、頚髄損傷 etc
 野球肩、リトルリーガーショルダー 、腱板損傷、インピンジ症候群、ベネット病変、SLAP損傷、陳旧性肩鎖関節脱臼、肩甲上神経障害  etc
 野球肘、テニス肘、ゴルフ肘、離断性骨軟骨炎、関節ネズミ etc
 腰椎椎間板ヘルニア、腰椎症、腰椎分離症・すべり症、ギックリ腰、腰部筋膜性腰痛、梨状筋症候群 etc
 ジャンパー膝、ランナー膝、オスグッド・シュラッター病、タナ障害、分裂膝蓋骨、関節ネズミ、円板状半月板、膝半月板損傷/断裂、膝前十字靱帯損傷 etc
 大腿骨寛骨臼インピンジメント、股関節唇損傷、グローインペイン(恥骨結合炎)、腸脛靭帯炎、弾発股(腸腰筋、腸脛靭帯)、大転子周囲部痛(滑液包炎、中殿筋断裂など)大腿骨頚部疲労骨折、骨盤裂離骨折(上前腸骨棘、下前腸骨棘、坐骨結節、腸骨稜)、肉離れ(腸腰筋、ハムストリングス、内転筋、外旋筋群など)etc
 シンスプリント、コンパートメント症候群、下腿骨疲労骨折、有痛性外脛骨骨、腓骨筋腱脱臼、アキレス腱炎/断裂、足関節外/内側靱帯損傷、ジョーンズ骨折、リスフラン靱帯損傷、ランナーズ骨折、踵骨棘、踵骨骨端症、足底腱膜炎 etc
※上記、当院が介入できない疾病もあります。ミスリードとならないよう注意深く診察し、必要な場合、専門機関を紹介します。
野球

・投球障害(野球肩/野球肘)
・シンスプリント
・腰痛
・首・腰ヘルニア
・すべり症、分離症
・インピンジメント障害

バレーボール

・ジャンパー膝
・足首の捻挫
・シンスプリント
・足底腱膜炎
・指の骨折
・指の脱臼
・肉離れ
・打撲
・インピンジメント障害

バスケットボール

・ジャンパー膝
・足首の捻挫
・シンスプリント
・突き指
・足底腱膜炎
・肉離れ
・打撲

ソフトボール

・投球障害(野球肩/野球肘)
・シンスプリント
・腰痛
・首・腰ヘルニア
・すべり症、分離症
・インピンジメント障害

サッカー

・足首の捻挫
・膝半月板損傷
・靭帯損傷
・打撲
・肉離れ
・膝十字靭帯損傷
・膝側副靭帯損傷
・膝半月板損傷

ラグビー

・骨折、各関節脱臼
・捻挫
・打撲
・肉離れ
・膝十字靭帯損傷
・膝側副靭帯損傷
・膝半月板損傷

テニス

・テニス肘
・インピンジメント
・シンスプリント

陸上

・ランナー膝
・ジャンパー膝
・シンスプリント
・足底腱膜炎
・外脛骨炎

卓球

・シンスプリント
・手関節障害

バドミントン

・テニス肘
・肩の障害
・手首の故障

柔道

・捻挫
・打撲
・脱臼
・骨折

剣道

・首の障害
・肩の障害
・腰の障害
・膝の障害

スポーツ外傷・スポーツ障害における処置、治療とリハビリテーションの実際

スポーツ障害とは

スポーツ外傷で直達外力や介達外力が働き損傷した急性期では、基本的に RICE処置 を施します。

RICEとは休息(Rest)冷却(Ice)圧迫(Compression)挙上(Elevation)の略です。

★休息(Rest)
患部を包帯やテーピング・固定装具を用い固定し安静に保つ

★冷却(Ice)
患部を氷嚢や氷水で冷やし組織内の血管を収縮させ腫れや炎症を抑える

★圧迫(Compression)
患部を包帯や固定装具で圧迫し内出血や腫れを抑える

★挙上(Elevation)
患部を心臓より高く上げ末端の体液を中心部に戻し腫れを抑制

 

横浜セレン整骨院では損傷部位の治癒を促す際、「局所的支援」を前提とした治療処置と関連する組織の繋がりを考慮して行う「全身的支援」とに分類しています。

◆急性期・・・・・除痛、炎症抑制、安静処置 ➡ 局所的支援

◆回復期(前期)・・・・・組織修復促進 ➡ 局所的支援

◆回復期(後期)・・・・・リハビリテーション含む緊張緩和、柔軟性回復、バランス調整 ➡ 局所的支援&全身的支援

◆安定期・・・・・定期的ボディケア、運動処方、姿勢管理 ➡ 全身的支援

ステージに合わせて経過の観察を行い、段階的に治療シフトを上げていきます。フィジカルとメンタルのバランスも図り、最短で回復、治癒を目指していただきます。

 

スポーツで関節に障害を負った場合、的確な鑑別診断が必要となりますが、関節可動制限により異常な動きに誘発され問題が生じていることもあります。このようなケースでは、関節を調整し正常な動きを回復させることで、物理的な構造異常が改善し組織の修復機能が一気に高まることがあります。(急性期は動揺させないよう固定中心の処置)

障害の原因が筋・筋膜の妨害であれば、トリガーポイント(痛みの引き金となる発痛点)やスカーティッシュ(組織の瘢痕部・癒着部)に適量な刺激を入力し、中立で正常なテンションに戻すアプローチを行います。原因となる関連障害を排除していくことで、局所の治癒力が格段に上がります。

例えばテニス肘の場合、障害が現れた肘だけでなく肘関節と連動する脊柱と肩甲帯(上腕骨、鎖骨、肩甲骨、肋骨)の関節の可動制限を回復させることで、一連の動作の改善が図られて、短期間で局所の治癒が促されます。また、モーターポイント(一定の刺激量で最もその筋・筋膜が収縮する部位)に適正な周波数で電気刺激を流すことも有効です。同時に局所組織の修復を行う目的で温熱・電療・手技を加え仕上げていきます。

局所的な痛む箇所や症状の現れている部位にフォーカスするのではなく、関連性の高い関節、筋・筋膜の連動する部位も同時に調整して根本的に解決していくことが肝要です。

人体は数多くのパーツ同士が繋がれ、協調し、それぞれが違う周波数を発生させ存在していますが、不思議と調和を保ちながら、全身を統合させ、死の瞬間まで動き続ける生命体です。

局所の傷の情報は、受傷部から中枢に繋がっている最短経路の神経を辿り、一瞬で信号を送り届けます。フィードバックされた情報を受信した司令塔役である中枢は、この情報を素早く処理し一瞬で全身に反射の伝令が下り、その負荷の分散と吸収を末端に依頼します。バランスの均衡を保つため、各パートでその負荷を薄めるように受け止め合い、局所の負担を減らすようにプログラムされています。体内の細胞や組織間のコミュニケーションは、「神経の配線では電化による伝達作用」・「血管内の血液ではメッセージ物質のやり取り」・「筋膜連結網では微妙な張力の掛け合いと圧の分散による水分の移動」が利用されています。個人的には、「人体の3大インフラ」と呼んでいますが、「神経系」・「血管系」・「筋膜系」がそれにあたります。

このような法則を持った肉体の特異性を理解し、その性質をフル活用して行う治療アプローチは、身体の拒否反応を誘うことなく、安全に受け入れてもらえる方法だと考えています。

少し前に、膝の内側部の痛みで整形外科に通院歴のある患者さんがいらっしゃいました。整形外科では痛み止めとシップ薬の処方、症状が酷いときはヒアルロン酸入り痛み止め?の注射を打っていたそうです。薬の効果が薄れてくるとまた痛みだすため、ドクターに再度相談したところ、今度はPT(理学療法士)からリハビリを受けるよう指示が出て、数カ月通院を繰り返した後に当院に相談がありました。当院で全身のバランスを診たところ、下肢長差では1.5cm程左右差があり、骨盤、股関節、腹部、肋骨部、左右肩関節、頚椎、頭蓋骨と各部のトルクが顕著で、部位ごとに反射テスト(検査の一部で体内の情報をキャッチする上で有効)をしても筋力の強弱が明らかに違っていて、本人もビックリしていました。この体内のアライメントが崩れた状態で、リハビリのための運動をしていたということで、動きやフォーム、ポジションはおおよそ崩れて動かしていたことが推測できます。自ら行う動作が、障害を作る原因になってしまっていたことになります。このことをご本人と共有し、局所の傷を治すために幾つかのエネルギーを使い物理療法を行い、次いで全身の骨格の矯正と筋・筋膜の調整を施しました。結果、数回の治療でご本人が自覚できるレベルまで回復し、安定した状態を維持していただくためのボディケアと動作修正のアドバイスを定期的に受けていただいていますが、現在では疼痛を訴えることもなく、伸び伸びと運動を楽しんでいただいています。

身体を痛めて治療する際、診る側の評価(見立て)の視点は多岐に渡り、どのような基準や方法を頼りに診ているか?判断材料の収集力は?臨床感や触診感覚は?また、治療法も含めた総合的スキルは?等々、患者さんサイドはなかなか判断しづらい難しい問題ですが、最終的な判断は患者さんが体感した印象で決定、選択していくことになりますので、この部分はご自身の患者スキルが求められるところかもしれません。基ずき

スポーツをする上で基本的な身体の構造と機能を理解し、その仕組みに基ずき適度な負荷を段階的にかけて、無理なく行うトレーニングは健康を維持する上で重要です。

目的別に運動パフォーマンスを伸ばしていく際、時には身体が嫌がるほど負荷強度を上げてトレーニングをしなければならない局面もあります。このような場面では、特に体内線維の破壊が著しく、自己のリカバリーが遅れるとケガをするリスクが一気に高まります。こまめなボディケアで組織の修復を促進し、万全な状態でトレーニングを継続していただきたいと思います。異常を感じたら直ちに運動を中止し、治療に専念してください。身体のトレーニング(スポーツ)と身体のケアは一体です。体内の組織はケア&レストで蘇り、更に強く再生してパフォーマンスがアップします。

横浜市神奈川区白楽の横浜セレン整骨院のスローガンでもある 「整えて 動かす」 !!  是非、実践していただければ幸いです。