24時間受付LINE相談 24時間受付メール相談
LINE TEL

スポーツ障害 | 港北区・神奈川区・白楽駅・妙蓮寺 横浜セレン整骨院

お問い合わせはこちら

スポーツ障害

スポーツ障害とは

スポーツ障害とは

この障害は、運動によって起こる体の損傷・故障を指します。身体に無理な負担がかかり、打撲や捻挫・筋の炎症・脱臼・骨折だけでなく、怪我の後遺症などの障害も含まれます。

スポーツ障害は、大きくは外傷と障害に分けられます。

★外傷(直達外力・介達外力)
捻挫、肉離れ、腱断裂、脱臼、骨折等、一度に強い外力が加わることにより生じるものを指します。
★反復性障害
特定の部位に繰り返し外力が加わり軟部組織を損傷するもので、野球肩、野球肘、ランナー膝などと呼ばれているものがこれにあたります。
※スポーツ外傷とスポーツ障害を合わせて、スポーツ傷害と呼ぶ場合もあります。

どのようなスポーツ障害もその特性に合わせて処置・治療が出来る横浜市神奈川区白楽の横浜セレン整骨院

スポーツ障害の早期回復には、早い段階から治療を開始することは言うまでもありませんが、発生機序なども考慮し、症状を見極めながら行うことが基本です。横浜市神奈川区白楽の横浜セレン整骨院に是非、ご相談ください。

スポーツ障害は、日々の練習で繰り返し同じ部位を酷使し障害を残してしまう場合と、強い力が外力として加わり捻挫や打撲、骨折、脱臼などを負ってしまうスポーツ外傷の二種類に分けられます。

野球のピッチャーが繰り返しの投球動作によって肩や肘を傷めてしまったり、サッカーでキック動作によって足首や膝を傷めてしまったり、バスケットやバレーボールはジャンプ動作によって膝を傷めてしまうなど、そのスポーツの動作特性によって様々なスポーツ障害のパターンがあります。

横浜市神奈川区白楽の横浜セレン整骨院では、いろいろなスポーツ障害をその専門性に沿って治療をおこなっていきます。
毎日の部活動で練習を積んでいる学生さん、休みの日に健康のためにスポーツをしている社会人の方、主婦や年配の方で運動強度が高くなくとも、様々な動きの中で障害を負うことがあります。
少しの違和感や痛みを見過ごしたり、徐々に悪化している自覚があるのに我慢してしまうなど、処置や対応の遅れは後に強い症状となり後遺症や慢性症状に発展してしまうことも少なくありません。

そのような症状の変化に気付いたら横浜市神奈川区白楽の横浜セレン整骨院で早期治療を開始していただきたいと思います。また、障害予防のためのエクササイズやセルフケアのアドバイスもお伝えしております。

スポーツ障害の好発部位と種類

 むち打ち症等
 野球肩、リトルリーガーショルダー等
 野球肘、テニス肘、ゴルフ肘等
 腰部ヘルニア、腰椎分離症・すべり症、梨状筋症候群等
 ジャンパー膝、サッカー膝、ランナー膝、オスグッド・シュラッター病、タナ障害、腸脛靭帯炎、分裂膝蓋骨等
 シンスプリント、アキレス腱炎等
 足底筋膜炎、踵骨骨端症等

競技別スポーツ障害

野球

・野球肩
・野球肘
・投球障害
・シンスプリント
・腰痛
・ヘルニア
・すべり症、分離症
・インピンジメント

バレーボール

・ジャンパー膝
・足首の捻挫
・シンスプリント
・足底筋膜炎
・指の骨折
・指の脱臼
・肉離れ
・打撲
・インピンジメント

バスケットボール

・ジャンパー膝
・足首の捻挫
・シンスプリント
・突き指
・足底筋膜炎
・肉離れ
・打撲

ソフトボール

・野球肩
・野球肘
・投球障害
・シンスプリント
・腰痛
・ヘルニア
・すべり症、分離症
・インピンジメント

サッカー

・足首の捻挫
・半月板損傷
・靭帯損傷
・打撲
・肉離れ

ラグビー

・骨折、各関節脱臼
・捻挫
・打撲
・肉離れ
・十字靭帯< ・側副靭帯損傷 ・半月板損傷

テニス

・テニス肘
・インピンジメント
・シンスプリント

陸上

・ランナー膝
・ジャンパー膝
・シンスプリント
・足底筋膜炎
・外脛骨炎

卓球

・シンスプリント
・手関節障害

バドミントン

・テニス肘
・肩の障害
・手首の故障

柔道

・捻挫
・打撲
・脱臼
・骨折

剣道

・肩の障害
・腰の障害
・膝の障害

スポーツ障害の治療法

スポーツ障害とは

スポーツ障害を生じた場合、症状にもよりますが、基本的にはRICE処置を施します。

RICEとは休息(Rest)冷却(Ice)圧迫(Compression)挙上(Elevation)の略です。

★休息(Rest)
患部を包帯やテーピングなどで固定し安静に保ちます。

★冷却(Ice)
患部を氷嚢などで冷やし組織の血管を収縮させ腫れや炎症を抑えます。

★圧迫(Compression)
患部を包帯やサポーターなどで圧迫することにより内出血や腫れを抑えます。

★挙上(Elevation)
患部を心臓より高く上げることにより体液の滞りを防ぎ腫れを抑制します。

また、関節可動制限がある場合はその関節を矯正することで、治癒期間の短縮が期待できます。

例えばテニス肘の場合、肘だけではなく肘関節と連動する脊柱と肩甲帯(上腕骨、鎖骨、肩甲骨、肋骨)の関節可動制限を回復させることで、 より短期間に症状を改善することができます。

痛む部分、症状の現れている箇所だけを治療していても、関連性のある関節、筋・筋膜など連動している部位も同時に治していかなければ根本的に解決しません。

スポーツをする上で大事なことは、無理にオーバートレーニングをせず、自分の能力にあわせたトレーニングメニューで段階的に負荷強度を上げながらパフォーマンスを伸ばしていく。そして、こまめなケアでリカバリーしながら継続する。また、異常を感じたら直ちに運動を中止し、治療に専念する。この流れが基本となります。

とはいえ、「試合前で痛みをなんとかしたい」など、様々な場面でイレギュラーなことが起こるのもスポーツの世界ではよくあります。そのような時も少しでも前向きにスポーツができるようサポートいたします。

お気軽にご相談ください。