LINE TEL

ヘルニア・脊柱管狭窄症 | 港北区・神奈川区・白楽駅・妙蓮寺 セレン整骨院

お問い合わせはこちら

ヘルニア・脊柱管狭窄症

こんな症状はありませんか?

上記の症状に心当たりがあれば、ヘルニアまたは脊柱管狭窄症かもしれません!

お気軽にセレン整骨院までご相談ください。当院は、ヘルニアにも脊柱管狭窄症にも対応しています。

ヘルニア・脊柱管狭窄症でよくあるのが、下肢の不調です。痛みやしびれが出やすいでしょう。休むとよくなりますが、歩き始めるとまたしびれや痛みが発生し、その繰り返しです。

臀部から太ももの裏が痛い場合は、坐骨神経痛といいます。腰のヘルニアでよく見られる症状です。ヘルニアにも複数ありますが、腰に発生するヘルニアは最も多くみられるのです。

脊柱管狭窄症とはあまり聞きなれないかもしれません。背骨の中を通る脊髄からの神経の通り道を、「脊柱管」といいます。

脊柱管狭窄症は、脊柱管を構成する椎間板、靭帯などが飛び出て圧迫を受け、狭くなる症状です。

ヘルニア・脊柱管狭窄症の原因は…

脊柱管狭窄症は、脊柱管を構成する靭帯や、椎間板、背骨の加齢変化によって狭くなります。

背骨のずれや椎間板ヘルニアで脊柱管が圧迫されれば、それも脊柱管狭窄症です。ヘルニアが発生する原因は複数あります。椎間板は体重を支えていますが、過剰な負担を受けると劣化します。その劣化の要因はさまざまです。

・加齢

・外傷

・遺伝的要因

・生活習慣

・ケガの慢性化

ヘルニア・脊柱管狭窄症は、症状によって日常でどれくらい困っているかによっても、対処法が異なります。

いずれにしても自己判断は危険なので、つらい症状やご不便な事があれば、お早めにセレン整骨院までご相談ください!

ヘルニア・脊柱管狭窄症の改善法は?

脊柱管狭窄症やヘルニアになったからといって、手術が不要な場合もあります。手術しなかったからといって、車いすになる心配は必ずしもありません。公的医療機関で大がかりな治療をしなくても、回復の見込みがあります。

横浜市・神奈川区・白楽のセレン整骨院では、脊柱管狭窄症やヘルニアを改善するため、リハビリや血行促進の手技をしています。病院であれば、薬やブロック注射での治療をするでしょう。しかし脊柱管狭窄症の場合は、神経の周辺の血行が悪くなることもあります。

当院でおこなう手技で、血行を促進していけば薬が不要の場合もあります。痛みやしびれで歩行障害があるお客さんも、当院でリハビリをしっかりサポートいたします!

ヘルニアを改善するには、なんといっても「安静」です。マッサージをおこなうのは、痛みが軽度になってからです。腰の痛みがある場合はコルセットをします。そのほか、温熱療法や運動療法で対処していきます。

ヘルニア・脊柱管狭窄症の予防法

脊柱管狭窄症を予防するのにおすすめは、日ごろの生活で姿勢を正して過ごすことです。

腰をまっすぐ伸ばして立つと、神経の圧迫が強くなり、痛みやしびれが発生しやすいです。

このため、少し腰をかがめるようにして歩きましょうね。