24時間受付LINE相談 24時間受付メール相談
LINE TEL

腰椎椎間板ヘルニア・腰部脊柱管狭窄症 | 港北区・神奈川区・白楽駅・妙蓮寺 横浜セレン整骨院

お問い合わせはこちら
港北区・神奈川区・白楽駅・妙蓮寺 横浜セレン整骨院
港北区・神奈川区・白楽駅・妙蓮寺 横浜セレン整骨院

腰椎椎間板ヘルニア・腰部脊柱管狭窄症

多数の喜びの声をいただいております!

こんな症状はありませんか?

※上記の症状が強い場合は腰椎椎間板ヘルニア・腰部脊柱管狭窄症の可能性もありますので診断検査が必要です

腰椎椎間板ヘルニア・腰部脊柱管狭窄症の原因

腰椎椎間板ヘルニアは腰椎間の椎間板(第4~5腰椎椎間板が好発部位)が、多くは右後方または左後方に突出して神経根を刺激圧迫して発症します。                  それに伴って抹消神経に痛みやシビレが伝わり、坐骨神経痛や大腿神経痛が発生します。下肢の筋力低下も伴う場合が多いです。

脊柱管狭窄症は脊髄神経が通過する脊柱管というトンネル内に石灰化が起きたり、骨の変形や椎間板、靱帯がストレスを受けて綻びができ、脊柱管の中で異物化し脊髄を圧迫して発症します。腰椎椎間板ヘルニア同様、抹消神経に痛みやシビレが伝わり、坐骨神経痛や大腿神経痛が発生します。下肢の筋力低下も伴う場合が多いです。

加齢・・・・・長年の負荷の蓄積や筋・筋膜の衰えで負担増大

◆外傷・・・・・瞬間的または反復的な負荷増大

◆遺伝的要因・・・・・脊柱変形因子の遺伝により椎間板や脊柱管に負担増大

◆生活習慣・・・・・姿勢不良や運動不足または歪み動作の繰り返しで負担増大

◆ケガの慢性化・・・・・繰り返し腰部を痛めることで腰周辺組織の脆弱化で負担増大

 

腰椎椎間板ヘルニア・腰部脊柱管狭窄症の治療

横浜市・神奈川区・白楽の横浜セレン整骨院では、腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症の痛みを改善するため、様々な施術やリハビリテーションを行っています。

基本的な考え方としては、適合性が悪くなっている関節をリリースし、腰部を支えている筋・筋膜の緊張を緩和し、更に支持力筋のパワーを増大させること以外に方法はありません。    シンプルにこの一連の治療を「どのようなエネルギーを使い、どのように操作し、どう動かして、その後、どうアドバイスして動かしてもらうか?」だけです。

整形外科であれば、痛み止め(ロキソニンや坐薬)シップ薬やブロック注射を選択することになると思いますし、総合病院ではブロック注射、最悪の場合、手術を進められることも少なくないと思います。

厳密には、崩れてしまった関節組織を、    A [保存療法&運動療法でアプローチするか?」      B「薬物療法でアプローチするか?」      C「観血療法(オペ)でアプローチするか?」 となります。

当院での治療は「A」となりますが、最も副作用がない地道で自然な治療法です。が、場合によっては「B」より即効性はないかもしれません。

但し、「B」は、薬物の効果が切れた際は再び薬物を体内に入れることになりますので、この辺は依存度の問題や繰り返しの薬物に身体の耐性反応が増し、より強い薬物でないと効かない体質になるリスクを検討しなければなりません。中には数回しか打てない注射もあり、制約回数内で効果がでなければ打ち切りとなります。(痛みに我慢できない、やむを得ない状況では、先ずこの選択かもしれません)

更には、腰部内に異物が出来てしまったわけですから「C」で切除しなければ異物は除去できませんが、表層から中層の悪くない組織を切開して脊柱内にアプローチしていきますので、新たな傷ができることで最も身体にダメージを与える方法になります。また、チタンプレートやボルト固定が必要な場合は残置となりますので覚悟が必要です。術後、関節可動域は制限されますので、リハビリをしながら予後が悪化しないように管理が必要です。

「A」「B」「C」の何れをチョイスする場合も、常に身体に手を入れていかなければならない状況ですが、ご自身で現在の症状がどのステージであるかを評価し、取り巻く環境も視野に入れて判断、選択していただくことが良いと思います。

横浜市神奈川区白楽の横浜セレン整骨院では、選択を迷ってご相談に来られる方も多くいらっやいます。現在、「A」選択で悪化しないよう頑張っておられる方もいらっしゃいます。「B」を経験されて来られる方もいらっしゃいます。また、「C」の後のリハビリテーションに通っておられる方もいらっしゃいます。

どうぞ、どの状況であっても一緒に考え、良い結果に近づけるようにお手伝いいたします。

腰椎椎間板ヘルニア・腰部脊柱管狭窄症の予防法

腰部椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症を予防するには、日頃からの運動で筋力アップをはかり、こまめな身体のケアをし、良い姿勢を心がけ、しっかり食べてしっから出し、よく眠り、ストレスをためない生活を心がけることが基本です。

現在、腰部椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症で悩んでいる方も基本的には上記と同じ意識が大切です。できない項目があれば、それがどのようにしたらできるようになるかを考えてください。

それができるようになったら、全てを繰り返し実践していただけたら「きっと身体はそれに答えてくれるようになる」と思います。

そもそも、身体は元の状態に戻ろうと常に働きます。完全に戻らなくても、少しでも良い状態に近づこうと働き、ストレスを逃がしながらバランスを取り合います。

自分を信じて頑張っていただきたいと思います。