メニュー
診療時間 日・祝
09:00 - 12:00
15:00 - 19:00
※電話でのお問合せは診療時間内にお願いいたします。
電話 LINE
LINE

ゴルフ肘・ゴルフエルボー

ゴルフ肘・ゴルフエルボーを改善するなら白楽・妙蓮寺の横浜白楽セレン整骨院まで・・・
ゴルフ肘・ゴルフエルボーは主にゴルフのスイングで、肘関節の内側上顆と呼ばれる部分に過度な負荷がかかり続けることで炎症を起こし痛みが発生します。
なかなか治りにくいスポーツ障害の一つで、放置していて自然に治ることは期待できませんので、なるべく早い段階から積極的に処置・治療を開始ることをおススメいたします。

こんなお悩みや症状はありませんか?

ゴルフ肘・ゴルフエルボーは正式には上腕骨内側上顆炎(じょうわんこつないそくじょうかえん)と言います。

ゴルフスイングをきっかけに肘に炎症が起き発症しますが、肘の内側の突起部分(上腕骨内側上顆)に前腕の筋肉の腱が骨に付着している部位に過度のストレスが加わることで痛みが現れます。初期の段階では肘内側周辺に違和感や軽い痛み程度でゴルフ肘・ゴルフエルボーと自覚できる方は少ないですが、重症化してくるとゴルフのスイングをしなくても、肘に腫れや熱感を覚える場合もあります。このような時は肘に炎症が強く表れている状況ですので、早急に処置を行い適切な治療を開始してください。

慢性化させないようお早めに白楽・妙蓮寺の横浜白楽セレン整骨院までご相談ください。

ゴルフ肘・ゴルフエルボーになる原因とは?

ゴルフ肘・ゴルフエルボーはゴルフスイングでの肘にかかる過度な負荷が主な原因となります。

スイング時にグリップを握りながら手首を反らすような動作で前腕内側の手根屈筋(しゅこんくっきん)に強い収縮力が働き、肘内側の骨の突起部付近に負担が集中します。

下半身の使い方や安定性、全身の柔軟性や吸収力、パワーのバランスが崩れてくると、手だけで打つような動作の癖が繰り返えされ、肩や肘、手首の関節が機能的に動かせなくなります。

不安定なフォームでクラブを振り続けて発症したり、力任せにボールを叩いていてゴルフ肘・ゴルフエルボーになったり、また、年齢とともに筋力が低下し、腱が硬くなることで痛みが出てくることもありますので注意が必要です。

ゴルフ肘・ゴルフエルボーを改善するには

症状がある場合、先ずはゴルフを休むことが基本です。

できる限り炎症を取り、組織の回復を促す治療を始めてください。

肘関節をサポートするテーピングやサポータ固定も有効です。

上記を含め、炎症を抑えながら痛みの除去・改善・リハを行い調整していくことが大切ですので、白楽・妙蓮寺の横浜白楽セレン整骨院へご相談いただければと思います。

ゴルフ肘・ゴルフエルボーを予防するには

ゴルフ肘・ゴルフエルボーを予防するには、全身の無理のない動きとフォームでボールに力を伝えられているか?

ゴルフをしている時だけに限らず、テニスやそのほかのスポーツや日常の歪んだ動作の蓄積から誘発される症状です。

長時間のパソコン作業で腕や手首に負担がかかる作業もゴルフ肘につながることがあります。

日頃から手首・肘の筋肉や腱を適度にストレッチし、伸ばすことも縮めることも行いながら筋・筋膜が関節に対して中立な状態にしておくことが大切です。

全身の動きが柔らかくしなやかであれば関節に負担が集まることはありませんので意識してみてください。