LINE TEL

頭痛・偏頭痛 | 港北区・神奈川区・白楽駅・妙蓮寺 セレン整骨院

お問い合わせはこちら

頭痛・偏頭痛

頭痛・偏頭痛の症状は?

頭痛・偏頭痛に特徴的な症状は、以下の通りです。

偏頭痛の特徴はいくつかありますが、頭の位置を変えると痛みがさらに激しくなるのも特徴です。頭痛とともに吐き気や下痢、嘔吐などを引き起こす例もあり、つらいものです。日本人のうち、約4000万人もが慢性頭痛を抱えているといわれています。

これほど身近なので、頭痛くらい…と、つい安易に考えているお客さんもいるのでは。

頭痛・偏頭痛が軽度ならまだ我慢できますが、進行すると日常生活にも支障をきたす場合があります。

頭痛と一口にいっても、種類があります。病気が背景に隠れている頭痛・偏頭痛もあります。

気付かず放置していると、思わぬ深刻な病状に繋がる恐れもあるのです。頭痛に慣れているからと簡単に片づけず、横浜市・神奈川区・白楽のセレン整骨院までご相談ください。

頭痛・偏頭痛の原因は?

頭痛の種類で代表的な偏頭痛は、脳の血管が拡張して起こります。脳の血管が広がると、周囲のさんさ神経が刺激されます。

炎症物質がさらに血管を拡張し、偏頭痛を引き起こすのです。

ストレスから解放された時、血管が拡張されるケースもあります。平日働いている時は頭痛・偏頭痛がなく、緊張感が緩んだ週末に頭痛・偏頭痛になるケースも多いのですよ。

そのほか頭痛・偏頭痛の原因としては、

・過度な空腹

・疲れ

・光や音の不快な刺激

・女性ホルモンの乱れ

・寝不足

・寝すぎ

などが挙げられます。

頭痛・偏頭痛が起こったらどう対処する?

頭痛・偏頭痛が起こった時の対処としては、

・コーヒーを適量飲む

・アイスパックで頭を冷やす

・部屋を暗くして寝る

などがおすすめです。

横浜市・神奈川区・白楽のセレン整骨院でも、頭痛・偏頭痛の施術をおこなっています。

一人ひとりの頭痛のタイプや症状に合わせて施術するので、お気軽にご来院ください。

偏頭痛を予防するためにできること

普段の生活の中で、偏頭痛を予防できます。

・チーズやワインを避ける

・服用中の薬を見直す

・規則正しい生活を送る

・ストレスを軽減する

・カフェインをとりすぎない

セレン整骨院では、頭痛・偏頭痛の正しい予防法についてもご紹介しています。お気軽にご相談ください。

頭痛・偏頭痛と脊柱の密接な関係 横浜市・港北区・神奈川区・妙蓮寺・白楽駅前のセレン整骨院ではそのメカニズムをお伝えします

横浜市・港北区・神奈川区・妙蓮寺・白楽駅前のセレン整骨院では発生する頭痛を脊柱からアプローチして治していきます。          当院独自の治療法で高い確率で消失・改善していけます。

頭痛・偏頭痛と脊柱はとても密接な関係にあり、頚椎を通る神経や血管は頭部や肩周辺の組織に広がり、神経は各末梢を支配し、血管内を通る血液が循環しながら酸素・熱・栄養を中枢から抹消へ供給しています。

このような構造となっている頚椎に問題が生じると、神経・筋筋膜・血管・甲状腺・気道・食道・関節などの構造に異常な緊張と捻じれが発生します。

周辺組織が硬くなり機能が低下することで必ずどこかに症状が出てきます。

頭痛・首肩の強張り・物が喉を通過しにくい・呼吸がしずらい・片側が向きづらい・上が向けない・下を向くと背中や腰が突っ張る、痛い・・・いろいろな違和感や痛みが現れてきている方は、重症化する前に横浜市・港北区・神奈川区・妙蓮寺・白楽駅前のセレン整骨院に是非ご相談ください。

薬を飲んで治ったと思っている方が勘違いしていることは、痛み止めを飲んでもその効果は一時的なものです。構造異常があり機能に異常が起きて、例えば頭痛が起きているわけですから、薬で先に機能を変えようとしても身体の異常な構造を調整しない限り根本的には改善していきません。

この意味が理解できる方は薬物に依存することなく、自分の身体を治していける可能性があります。

横浜市・港北区・神奈川区・妙蓮寺・白楽駅前のセレン整骨院では、自ら治せるはずの身体に変化・改善していくための治療やサポートをしています。

自分の身体は自分にしか治せませんので、どこかの有名なゴッドハンド先生がいくら治すといっても体内の構造と機能の相互作用のバランスが取れない状態で、切ったり張ったり、注射を打っても体は変わりません。最終段階でオペをして悪い箇所を切っても本人の治癒力がなければ修復はされませんので、最終的にどこから治していくかは自分自身の持っている治癒力(脳が判断し必要な部位を治していこうとする力)が決めるわけです。

”構造の異常を見つけて調整していくと、機能の異常は正常に戻ろうとする法則” を理解した上で、積極的に身体をケアし、管理していけば異常が起きることはありません。たとえ異常が起きても早期にその異常を感じ、早期に対処できれば重症化することはないです。そのお手伝いを当院はしています。

 

頭痛・偏頭痛の原因

頭痛で最も起こりやすいタイプは、「緊張型頭痛」です。頚椎の配列が悪いと頚部の周辺組織に負担がかかり、頭から首、肩にかけての神経、血管、筋筋膜が緊張し、頭部の知覚神経を刺激して痛みが起こります。
それらの組織の緊張は、長時間同じ姿勢をとり続けたり、心配や不安などの精神ストレスが原因で更に酷くなります。
また、眼精疲労や歯の噛み合わせ、メガネによる圧迫、高さの合っていない枕なども原因となることがあります。

頭痛・偏頭痛を放置していると・・・

いったん頭痛・偏頭痛が起こると、痛みによって神経、筋筋膜の緊張や血流の滞りなどで更に回復しずらい環境となり、治癒力は低下し悪循環な状態に陥ります。

また、頭痛は誰もが経験したことのある症状です。繰り返し起こっても心配のないものが多いのですが、放置すると命にかかわる怖い頭痛(脳などの病気が原因で起こる頭痛: くも膜下出血、脳腫瘍、慢性硬膜下腫瘍、髄膜炎による出血など)もあります。当院では、頭痛の状態、症状によっては提携の総合医療機関に紹介させていただく場合もあります。

根本的な原因から突き止め、安全で即効性のある治療を行っていきます。

脊柱由来の場合、普段の体癖の修正、感覚のズレの補正、寝具、職場や室内のレイアウトなど細部にわたり様々なアドバイスを行い、治していくためのヒントをお伝えします。

お悩みの方はお気軽にご相談ください。