24時間受付LINE相談 24時間受付メール相談
LINE TEL

腰痛・ギックリ腰の治療 | 港北区・神奈川区・白楽駅・妙蓮寺 横浜セレン整骨院

お問い合わせはこちら
港北区・神奈川区・白楽駅・妙蓮寺 横浜セレン整骨院
港北区・神奈川区・白楽駅・妙蓮寺 横浜セレン整骨院

腰痛・ギックリ腰の治療

多数の喜びの声をいただいております!

腰痛でお悩みの方へ

日本人にとって今や腰痛は国民病とまで言われるようになり、統計的データでは “約1500万人” が腰に痛みを抱え悩んでいるのが現状のようです。

一言で腰痛といっても様々な原因が考えられますので、当院では、よくお話を伺いながら施術法をコーディネートしていきます。

そのため、なるべく多くの情報をいただけますと治療をしていく上で助かります。

一日も早く、ご自身の身体をあるがままの状態に戻していくために何が優先されるべきかを一緒に考えていきたいと思います。

横浜セレン整骨院では、国家資格を取得した院長が全ての患者さんを施術しております。

体の歪みが腰痛をもたらす原因!?

腰周辺の症状で、いくつか思い当たることはありませんか?

腰痛

★ 腰が痛くて長時間椅子に座っていることが辛い・・・

★ 立っているだけで腰に違和感がある・・・

★ 立ち上がる時に腰に痛みを感じる・・・

★ 歩くだけで腰に衝撃を感じる・・・

★ 朝、起床時に上体を起こす際に痛む・・・

★ 朝、顔を洗う時に前傾姿勢で腰が痛む・・・

★ トイレの便座に座る際、立ち上がる際、痛みを感じる・・・

上記のような痛みや症状を感じなくとも、”身体はバランスを崩した時点で異常な状態”・・・構造の異常です。

”痛み出す前にケアする習慣をつける” ことで大きな損傷や病気を予防することができます。

腰周辺の症状や病気で代表的なものを以下に列挙します。

腰椎椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・急性腰椎捻挫(ぎっくり腰など)・腰椎分離症・すべり症・腰椎圧迫骨折・変形性腰椎症・・・と様々な種類があります。

身体にストレスが加わる → 歪み・疲労・違和感 → 痛み・損傷・病気

このような発生機序で体内のバランス力の低下により、やがて症状が抹消組織に現れます。(筋・筋膜、関節、臓器 他)

このような場合、先ずは身体のフレームの軸である、脊柱を評価します。

脊柱には脊髄神経が通過していますので、内科的(自律神経系)にも重要です。

このフレームの歪に手を入れなければ、症状の出ている抹消の処置をしても根本的な解決には繋がりません。

まして、痛み止めを飲んでもシップを貼っても痛みを抑える行為であり、治す行為ではありませんので組織の修復は見込めません。

横浜セレン整骨院では、その根本的に異常な部位が何処にあるか?

その異常な部分には必ずしも痛みがあるとは限らず、自覚していない方も多いです。

痛みのあるところに悪さをしている原因があるのではなく、痛みのない悪いところを探し そこから調整していかなければ症状の改善に至らないケースも多くあります。

患者さんと共同作業で治していかなければなりませんので、いくつかアドバイスをさせていただきながら進めていきます。

また補足ですが、痛みが消失したことと治癒したこととは同じではありませんので、そこの部分は勘違いされないようお願いいたします。

横浜セレン整骨院に通われている方の中には、辛い症状が消失し完治した後も、予防のためにメンテナンスを繰り返しておられる方も多くいらっしゃいます。

再び痛みで悩むことがないよう、毎日をベストなコンディションで送っていただけるよう、当院ではボディメンテナンスを含め運動処方、セルフケアなど幅広くアドバイス、サポートさせていただきます。

腰痛・ギックリ腰の施術

腰痛

人間の身体の骨格の構造は、まず重い頭を脊柱で支え、その重さを生理的湾曲で吸収しながら保持し、更に体幹の重さも加わり骨盤から下肢へとその負荷を分散して2本の足で全身のバランスをとっています。 (重力の方向は頭部⇒体幹部⇒下肢)

頭蓋骨、胸郭(肋骨で覆われた空間)と骨盤(仙骨・尾骨・腸骨・恥骨)は骨が連続して立体的に広がり、脳神経、胸部臓器、骨盤内蔵を保護するように取り巻くエリアを形成しています。

その間に点在する首(頚椎)と腰(腰椎)が前弯した形状で配置され、それらを覆う筋・筋膜で支えられています。つまり、首と腰は固定を軟部組織に依存しているため、立位や座位の状態で負荷が集中する脆弱性の高い部位といえます。

脊柱の中で頚椎は最も可動性があり、次いで胸椎、腰椎、骨盤の順で可動範囲が狭くなります。

骨盤は、頭部~体幹の重さを支える脊柱の土台となっていますが、骨盤は身体を捻る動作では頚椎・胸椎・股関節の可動に助けられて、局所的にはわずかに動く程度です。

このような構造から、首は可動範囲は広いのですが重い頭(5~8kg)を支え、両腕(片腕 約5kg)が下に垂れていますので、肩を介してその重さも支える役目を担う非常に負荷のかかるエリアです。

腰は重い体幹部の中では下部に位置し、可動が狭い構造ですが常に高い負荷がかかり続け、特に腹部周りの筋力が弱くなると腰部の筋・筋膜と腰椎にダメージが及び、腰痛の原因となります。一般的には、立ち仕事の方より座り仕事の方に腰痛症が多いといわれていますが、立位では下肢に負荷を分散できますが、座位では負荷を腰・骨盤で受け止めるほかないことが理由です。もっとも、立ち仕事の方も過度に腰にストレスがかかる作業を強いられる場合もあり一概には言えませんが・・・・

更に脊柱の構造的な面で「腰痛」のメカニズムを考えた場合、何らかの理由で頚椎・胸椎に可動制限が起きると、その代償動作により可動域の少ない腰椎に過度の負担がかかり発生することもあれば、その延長で腰椎骨盤リズム(体幹の前後屈運動の際の腰椎と骨盤の関係性)の破綻で起こることもあります。この場合、下肢の筋・筋膜の拮抗する動きがアンバランスとなり、ハムストリングス(大腿部後部の筋)が制限因子となり、腰周囲にストレス連鎖が発生します。

このように、筋・筋膜性腰痛や脊柱由来の腰痛、下肢筋のバランス異常から連鎖する腰痛、臓器由来の腰痛、以前の怪我や病気の後遺症(ボディトラウマ)由来など、様々な可能性を考慮して治療法を選択していくことが重要です。

実際の臨床では複数の要因が関与している場合が多いのですが、上記全てに共通して有効な治療手段が、脳と脊髄神経を収めている頭蓋骨と脊柱の調整を行うことが効果的です。脳頭蓋の歪みや脊柱の各ピースの配列の乱れが、運動器の可動と神経系の伝達機能に物理的な影響を及ぼしますので、先ずは身体の軸となっている頭蓋脊柱の調整を行うことが賢明です。

全ての生理的な働きや動作の起源がここから発生しますので、不調を快調に戻す手順として体内の重要なインフラに刺激を入れることは理にかなっています。内部環境が整えば、身体は勝手に本来の状態に戻るように作用します。ちなみに、「神経系」「循環器系」「筋・筋膜系」が人体の3大インフラです。これらに繋がれたパーツが正常な位置に配置され、滞りなく機能すれば、その結果は健康です。

例えば、朝目覚めた際、脳から眼神経に指示が下り瞼を開き視覚情報を脳にフィードバックします。次に上体を起こすための命令が、脳から脊髄を伝い脊柱を動かす深層筋に到達。

深層⇒中層⇒表層の筋・筋膜の順に収縮しながら身体が起き始め、手足の補助を受けて立ち上がります。

一連のシステムとしては、神経に電気が流れて臓器や筋肉は動き、血液の供給により熱と酸素と栄養、ホルモンが行き渡り維持され、筋・筋膜の収縮・弛緩で動きが発生します。

他にも空気を吸って二酸化炭素を吐き、エネルギー源を摂取、不要な燃焼物質を排泄、配管や空洞状の臓器の中を水が通過、神経の配線に電気が流れ、筋繊維が各パーツを動かし、膜組織が全ての組織を覆い各ポジションに固定し、体内を真空状態に保つ、、、、その全てのパーツに違う周波数のエネルギーが流れ、統合されているシステムです。

体の発生、発達順序は「口⇒食道⇒胃⇒十二・小・大腸⇒肛門」この筒状の管を中心に各パーツがドーナツ状に配置されている構造です。

このように整理していくと、私たちは凄すぎる構造体を所有していることになりますが、はたしてどこまで複雑なシステムを把握できているのでしょうか!?

神様しか分からない領域なのかもしれません。。。

頭蓋脊柱・脳脊髄を中心にその構造に基ずいて考察していくと、中枢から末梢にかけて様々な神経経路が発達しています。

当院ではその中枢神経が収められている頭蓋脊柱の逸脱した異常な部位を整えて、「神経系の伝達」「循環系の流れ」「全身の筋膜系の滑走」といった、本来の働きを自然に取り戻せるような調整しています。

このアプローチは自己治癒力を最大限に発揮させる上であくまでも1つの方法ですが、大変、効果的で体感的にも解りやすい治療法です。

このようにいろいろな可能性を考慮しながら、何がその方の治癒力を妨げているかを探り、阻害因子を取り除いていく作業が当院の役割となりますが、中には安易に介入できない因子をお持ちの方もいらっしゃいますので、そのような場合は専門の医療機関にご紹介させて頂きますのでご安心ください。

辛い腰痛は、横浜市・港北区・神奈川区・妙蓮寺・白楽の横浜セレン整骨院に是非ご相談ください。