LINE TEL

筋膜の賢者トムマイヤーズ氏に学ぶ | 港北区・神奈川区・白楽駅・妙蓮寺 セレン整骨院

お問い合わせはこちら

筋膜の賢者トムマイヤーズ氏に学ぶ

全身の筋膜のリリースを行う上で、骨盤のティルトのバランスをとる方法と各ボディエリアをテーマ別に理解するための理論とテクニックを、直接トム先生から学ぶことができました 。

骨盤の前傾、または後傾を改善するための軟部組織へのアプローチに違いはあるか!?
エキセントリックにローディングされている組織とコンセントリックにローディングされている組織のアプローチの違いをトム先生が解説。

トム・マイヤーズ

筋膜のバイブル的書籍であるアナトミートレインの著者であり、長年に渡る筋膜に対する研究で国際的に著名な筋・筋膜のスペシャリスト Dr アイダ・ロルフ博士、モーシェ ・フェルデ ンクライス 、そしてバックミンスター・フラ ーから直接指導を受けるとともに、ジェディス・アストン、エミリー・コンラッドといったムーブメント指導者達から、更には武道の世界からも学びを得る。

彼のアプローチは欧州オステオパシースクールで学んだ頭蓋、仙骨、内臓、及び内在的動きの研究からも影響を受けている。

過去35年以上に渡り、ロンドン、ハンブルグ、ローマ、 ナイロビ、シドニー、そしてアメリカ国内を含む 数々のロケーションでバラエティーに富んだ臨床設定・文化環境において統合的なマニュアルセラピーを実践し続けている。

各専門誌やジャーナルに、60以上の解剖学、軟部組織のマニュピュレーション、身体の疎隔 という社会的な問題や運動感覚の知性に対する信頼の欠落等に関するテーマの記事の執筆を行う。
動きによる周産期の問題にも強く感心を寄せている。
アメリカのボルダーにある解剖施設にて毎年解剖実習を行い、世界各国より医師、歯科医師、治療家を集め、筋膜のラインや体の各エリアの連動パターンの講義なども精力的に行っている。

彼の講義を幾度となく受けて思うことは 、人間の体の精巧さと素晴らしさです 。
人体の構造と機能は、正に神の領域。

このエリアにアプローチしていく行為は、設計図に基づき工夫をしなければ、その緻密で深い組織の中には入っていけません。
解剖学と生理学を理解し、イメージしてお邪魔する世界です。