TEL
MENU

Blog記事一覧 > 未分類 > ジャンパー膝とオスグッドシュラッター病

ジャンパー膝とオスグッドシュラッター病

2014.07.07 | Category: 未分類

一般的によく同じもののように解釈されていますが、この二つの症状は圧痛部位なども近接していますので間違いやすいです。

ジャンパー膝は膝蓋骨(膝のお皿の骨)のすぐ下に痛みが出ます。
このポイントは膝蓋腱があり分かりやすく言えば膝の曲げ伸ばしの際にストレスがかかる部位で頻繁にジャンプを繰り返す競技で発症するケースが多くなります。(バスケット、バレーボール、サッカー、陸上など)

一方、オスグットは頸骨粗面(下腿骨上部の膝蓋腱の付着部)の限局的な痛みです。
軟骨剥離小骨片のような陰影が確認されることもあります。
ようするに粗面部の軟骨のはがれや炎症により局所的な痛みが出ると考えられています。

圧痛や疼痛の部位は少し違いますが保存療法での治療法はほぼ同じような治療とないます。

運動後の局所のアイスマッサージや大腿四頭筋、ハムスト(大腿部後面の筋)のストレッチ指導、しばらく運動を中止し安静にすること、超音波や電気療法で疼痛を緩和させたり、テーピングや装具で可動制限することもあります。

痛みや違和感を感じた場合、なるべく早めに治療を始めることで症状を長引かせず経過や予後もよくすることが出来ます。

本日、中学生のバスケットボールを頑張っている男の子が来院してくれましたのでこのテーマでブログをアップしました・・・・・修君、早くよくなるよう一緒に頑張りましょう!!

当院へのアクセス情報

セレン整骨院

所在地〒221-0065 神奈川県横浜市神奈川区白楽100-5 白楽コミュニティプラザビル 1階
電話番号045-435-1076
休診日日曜・祝日
予約※午前、午後の各終了時間の30分前迄の予約となります。
駐車場なし(近隣にコインパーキングあり)
院長吉江 政博