TEL

メディセル筋膜リリース療法 | 港北区・神奈川区・白楽駅・妙蓮寺 セレン整骨院

お問い合わせはこちら

メディセル筋膜リリース療法

日本の「痛み」を根本から改善する、MADE IN JAPANの筋肉療法

脳シグナルコントロール”が、筋肉のすべての痛みを克服していく
吸引の皮膚振動による脳へのアプローチにより、「痛みの信号」をコントロールすることで、筋肉や関節の痛みという悩みを根本から改善する、新しい未来型健康ソリューション。

メディセルの皮膚吸引、それは、脳をコントロールし、根本から痛みを改善するまったく新しいケアアプローチ!
メディセルの「皮膚吸引システム」。
最近、この仕組みがもたらす大きな効果を裏付ける、新たなメカニズムが解明されてきました。それが「皮膚吸引による、脳シグナルコントロール」です。

独自の吸引システムによる皮膚振動が、脳を刺激し、脳内に、最上のリラックス状態である「α波」の状態をつくり出します。すると、脳が運動神経と自律神経を介して全身の筋肉と内臓を弛緩し、血管が拡張。

その結果、血流の循環が良くなり、多くの酸素が送られ、筋肉と関節の可動域がアップするのです。

誰もがすぐに、安全に 「痛み」をリリースできる究極のソリューション!

メディセル独自の皮膚吸引システムは、筋肉の悩みを克服する究極の手法です。筋肉の痛みは、皮膚表面にたった1ミリしかない表皮の、すぐ内側に問題がありました。

「筋膜」と呼ばれてきた体内の結合組織の中の、表皮のすぐ下側の部分にリンパ液や水分、発痛物質が溜まり、神経を刺激することで、痛みやコリ、むくみ、内出血といった症状が出てしまいます。

そこで、皮膚の表面を適切に吸引するだけで、リンパ液や水分を元通りに正しく循環させる、「リピッドフロー・コンディショニング」によって、症状を劇的に改善することができるのです。

皮膚は、「第3の脳」

人間の皮膚は、「第3の脳」「人体で一番大きな臓器」 と呼ばれ、音や光、超音波、電磁波まで感知し、その受容力や解析力には驚くべき能力があると言われています。

皮膚から伝わった情報は、ニューロ・マトリックスと呼ばれる神経繊維網の働きで脳の痛みのサインを変換します。
メディセルがもたらす皮膚振動には、不安軽減効果が高まるなど、メンタル面での高い効果があると言われています。

脳の研究は急速に進んでいて、想像以上の可能性の広がりが期待されており、今後もより大きなマーケットニーズに応えることができ、国民全体のケアニーズに応えることができます。
また、メディセルのケアシステムは、それ自体でも大きな効果をもたらしますが、人体の基盤となる能力を上げることで、いつもの治療効果をアップさせることも特徴。

多様な可能性にベストフィットしていく、次世代の健康プラットフォームです。

メディセルケアは、今までの施術とは違う皮膚吸引によるアプローチです

皮膚を直接吸引することによって筋膜の相互干渉を減少

骨、腱、筋肉といった様々なアプローチをしてもなかなか改善しない。
病院に行ってもすっきりできないなど、身体の痛みや不調がある時は、筋膜の癒着が原因と考えられています。

メディセルケアは、急性期〜慢性期まで多くの症例に対応できるのはもちろんのこと、身体のバランスを根本的に整えながら血液やリンパの循環をよくし、正常な身体をいち早く取り戻す安全かつ画期的な療法です。

こんな症状の回復を促します

人体にとって重要な組織である「筋膜」

皮膚の下には全身にわたり「筋膜」が張り巡らされています。

筋膜は筋肉だけでなく、骨や内臓、血管や神経までの体内組織を保護する役割を担っています。

筋膜には全身を包む「浅筋膜」と個々の筋肉を隔てる「深筋膜」があり、2つの間には動脈・静脈・リンパ管・神経などが通っています。

筋膜の癒着を緩めて、不快な症状を改善

浅筋膜と深筋膜が癒着することで、こり、痛み、むくみ等の不快な症状が起こります。
1日中同じ姿勢でいることや日常の運動量が減少すると、知らない間に筋膜が癒着してしまうことも。

筋膜の癒着を緩めることで、リンパ液がうまく循環し代謝が良くなり、皮下組織内で引き起こしていた神経からくる痛みの原因を根本から改善できます。