TEL
MENU

冷え性とは

以下のような症状のある方は、自律神経の乱れからくる冷え性の疑いがあります。

  • 指先・つま先が冷たくて眠れない。
  • ちょっと寒い所にいただけで、体調を崩す。
  • 血行がいつも悪く、疲れやすい。

冷え性の原因「自律神経」を整える横浜市神奈川区白楽のセレン整骨院

冷え性の原因の多くは「自律神経」の乱れによるものです。横浜市神奈川区白楽のセレン整骨院では、この自律神経のバランスを整える効果のある施術をおこなっています

冷え性を抱えている方のおよそ九割が、自律神経の乱れによって症状が引き起こされていると言われています。冬の寒い時期だけでなく、冷房を使用する季節も身体が冷えてしまう方も多いのではないでしょうか。
手や足先が冷たくてなかなか眠れなかったり、充分寝ているつもりでも朝起きるとダルく疲れが抜けていない状態、お腹の調子がいつも悪いという方、冷え性といっても人によって現れる症状はさまざまです。
また、女性特有の症状として、生理痛がひどくなってしまったり、生理不順になってしまうケースもあります。

こうした冷え性は、病院に行ってもなかなか改善できるものではありませんし、体質だから仕方がないと思っている方も多いのではないでしょうか。
身体の冷えはさまざまな病気を引き起こす原因にもなります。

横浜市神奈川区白楽のセレン整骨院で冷えの原因である自律神経を調整し、体質改善していきましょう。
脊髄神経の通過する脊柱と骨盤など骨格の中心にある歪みを取り除き、バランスアップしていくことによって自律神経の働きも正常な状態へ戻り、ホルモンバランスや血流改善につながります。

冷え性(自律神経の乱れ)の症状

冷え性は、他の不快症状が併発することが非常に多いです。

  • 室温は暖かいのに、手足だけが冷たい
  • 夜、手足が冷たくてなかなか寝つけない
  • 朝、すっきり目覚めず、だるさを感じる
  • 肩や首の凝りを強く感じる
  • 下痢・便秘がちである
  • めまいや立ちくらみを起こす
  • 生理不順・生理痛がひどい
  • 疲れやすく、精神的に落ち込んだりする

「自律神経失調症」というのは正式な病名ではありませんが、交感神経と副交感神経のバランスが乱れることで、体温やホルモン分泌の調整ができなくなります。
その結果として、冷えを始めとしたさまざまな症状が現れます。
上記のような症状をお持ちで、病院や薬でも改善しなかった方は、ぜひ一度、当院までご相談ください。

冷え性(自律神経の乱れ)の治療

冷え性は、症状やタイプを正しく見極めることが大切です。

当院では自律神経が乱れる理由は日頃の生活環境にあると考えています。そのため、詳しく問診時にお話を聞かせていただき、末端の血管まで血液が行き渡らない原因を探ります。その後、原因と症状に応じて、矯正・各種手技療法や特殊機器を用いて治療を行います。

場合により腹部や胸部関節に手技を加えたり、骨格の位置異常を正しい状態へ調整し、神経伝達を正常な状態に戻すことで血液や体液の循環を改善します。

当たり前のことですが体と生活習慣が整うと、自律神経の働きも自然に正常へと戻ります。

横浜市神奈川区白楽のセレン整骨院は、そんな冷えやだるさに長年悩んでいる方に、少しでも快適な眠り、さわやかな目覚め、を再び味わっていただけるようベストコンデションにリセットしていきます。

 

めまいの種類

回転性めまい(ぐるぐる目が回る)

急に発症し、吐き気・嘔吐、耳が聞こえづらくなる(難聴)などの症状を伴うことがあります。
回転性めまいの多くは、内耳の異常が原因で起こります。放っておくと、難聴になる恐れもあります。
また、脳出血や脳梗塞といった脳の異常でも回転性めまいが起こることがあります。

浮動性めまい(ふわふわ目が回る)

急に、あるいは徐々に症状があらわれ、フワフワ揺れる感じと、頭痛やしびれ、運動麻痺など、神経に関係する症状を伴うことがあります。
浮動性めまいの多くは、脳の異常が原因で起こります。
脳の障害と言っても、脳の機能が少し低下している程度ですので、脳神経外科で検査をしても「特に異常なし」と言われる場合も多いようです。

たちくらみのようなめまい(クラッとする)

立ち上がるとクラッとしたり、目の前が暗くなったりするめまいは、血圧の変動が主な原因として考えられます。

めまいの原因

上記のように各めまいの種類を列挙しましたが、原因として最も多いと考えられているのが、自律神経失調症によるものです。

また、めまいを発症するものとして、精神的な物(心因性)が多くあります。うつ病・うつ状態、パニック障害、不安障害などでもめまいを発症するのですが、これらの起因として、ストレスや自律神経の乱れが関与しています

めまいの症状でもっとも有名なメニエール病も、自律神経の乱れにより内耳のリンパ液が増えて発症するのです。

その他、多いのが循環障害です。
肺から脳へ向かう血液は左右に分かれて首を通過し供給されますが、高血圧や低血圧などにより血圧に高低差、また頚部のトルクにより左右差が生じると脳内の血流に乱れが起き、めまいを発症します。
この血流を調節している脳幹(間脳・中脳・延髄)は自律神経の中枢で、特にこの延髄に上部頚椎のズレが影響し交感神経を乱します。
交感神経の働きが狂う(自律神経の乱れ)と、その血流も乱れてしまうわけです。

めまいの対処方法

先程お伝えした通り、めまいの発症は自律神経が大きく関わっています。
つまり自律神経の乱れを正していくことで改善していくことができますが、これが簡単なようでなかなかに難しいのです。

自律神経が乱れる原因としては、疲労・睡眠不足・ストレスが密接に関与します。
それも、日々の習慣によって自律神経を乱し、めまいを悪化させているとなると日常習慣も矯正しなければなりません。

要は規則正しい生活です。
軽い運動やストレッチなどでも、血流・循環障害が改善されめまいが起きにくくなります。

そして休息も重要です。休息といっても、体だけではなく心身共に休ませていくことです。脳内をリラックスさせる事により緊張が解け、乱れた自律神経などの機能が正常化します。

脳を興奮させるカフェイン(コーヒー・紅茶・緑茶・コーラ類など)は厳禁です。

交感神経を暴走させてしまう原因となります。交感神経が暴走すると血流が悪くなり、脳が興奮し眠れなくなります。刺激の強い味付けも脳を興奮状態にさせてしまいます。

 

原因は様々ですが、一つひとつ課題をクリアにしていくことで確実に悪い習慣と身体は変えていくことができます。

横浜市神奈川区白楽のセレン整骨院では、その機能異常を改善するための構造(身体)を調整するお手伝いをしています。

お気軽にご相談ください。

当院へのアクセス情報

セレン整骨院

所在地〒221-0065 神奈川県横浜市神奈川区白楽100-5 白楽コミュニティプラザビル 1階
電話番号045-435-1076
休診日日曜・祝日
予約※午前、午後の各終了時間の30分前迄の予約となります。
駐車場なし(近隣にコインパーキングあり)
院長吉江 政博